仕込み2009年04月07日

昨日 4,116 EX 608 0.3 EX 06 EX残り 18.7 EX
その前 6,741 EX 4,752 3.6 EX 05
その前 8,827 EX 6,514 4.9 EX 04
その前 9,375 EX 5,960 4.4 EX 03
その前 4,062 EX 769 0.4 EX 02
その前 7,720 EX 5,035 3.7 EX 01
その前 7,798 EX 4,879 3.6 EX 31


先々週は手足口病の影響か?頭が痛くどうしても歩く気になれず、一週間静養。先週復活、無事万歳マーク達成。陽気も良くなってきたので今週も順調な滑り出しになっている。
段々暖かくなってきたのでベーコン作りやりづらくなってくるのでいまのうちに作って!と言うママくまさんのリクエストに応えベーコンを仕込んだ。
今回はバラ肉5㎏とロースを2㎏。ロースはハムにするかそれともフレッシュベーコンにするか?まだ決めかねている。
調味料など道具ひとそろい。よく見たらセージがなかった。ここの所考えればセージを使ってなかったな。
今回のスパイスは、オールスパイス、シナモン、タイム、ナツメグ、ローレル
適当に調味料を買っていたらオールスパイスが貯まりすぎていた。
今回は塩を「瀬戸の塩」と言う精製塩にしてみた。いつもは粗塩なのだけど気まぐれでこの前買ったもの。サラサラで果たして大丈夫かな?
タオルは充分、10キロを超えても心配はないくらいある。

塩調味料を調合。塩=35g×7㎏分=245g  三温糖10g×7=70g オールスパイス沢山、シナモンもたっぷり、ナツメグもそこそこ入ったかな?
ゲッ!これ書いていてブラックペッパー入れるの忘れていたのを思い出した・・・・・どうしよう?
胡椒が入っている色じゃないもんな。今晩でも振りかけておくことにしようか。気付いて良かった!
でもって7㎏仕込み終了。塩が効いて肉から既に水分が出てきている。今回ロースから水分が良く出ていて、一晩おいた昨日、袋の中にかなり出ていたので捨てた。

最高値2009年04月12日

昨日 7,147 EX 4,261 3.1 EX 11 EX残り 18.7 EX
その前 7,955 EX 4,508 3.2 EX 10
その前 6,752 EX 4,165 3.1 EX 09
その前 9,125 EX 5,115 3.6 EX 08
その前 13,103 EX 10,190 7.7 EX 07


「最高値」とあって靴の写真ですが、オークションでこの靴を最高値で競り落とした訳ではないですよ。靴とタイトルは全くの無関係。
最高値は歩き始めてからの最高値が今週記録されたこと。7日の火曜日、前日歩けなかった分と当日分の二日分を歩いたらこんな数字が出たのだ。一度に歩いた訳ではなく、日中子供が昼寝中に1回、そして帰りにいつもの公園で1回の2回で達成したもの。

で、靴の写真は・・・・・・
いまくまさんが歩く時に履いている靴です。1ヶ月くらい前からウォーキング専用靴になっているのだが、軽く、柔らかく、名前の通り「ハダシウォーク」の感じ。でも、メーカーは国内メーカーとはいえ中国産だしいままでの靴とそれほど変わりないなと思っていた。
昨日、この靴を履かず「そんなに変わりはないだろう!」といままでの靴で歩いたのだが、大違い、硬くて重く歩くのが大変。歩きがギクシャクとワンランク下手になった感じで、足への負担も大きい。
戻してみて初めてその違いに気付いた次第だった。

ジャズ:グラン・スチュアートクァルテット2009年04月21日

昨日 4,375 EX 1,854 1.1 EX 20 EX残り 21.9 EX
その前 4,330 EX 1,855 1.2 EX 19
その前 2,509 EX 401 0.2 EX 18
その前 3,072 EX 355 0.2 EX 17
その前 3,518 EX 472 0.2 EX 16
その前 10,165 EX 6,084 4.2 EX 15
その前 4,191 EX 1,023 0.6 EX 14




久しぶりに足利のジャズ喫茶「屋根裏」に行った。
今回のお目当てはグラント・スチュアートのクァルテット、ドラムスにジミー・コッブが参加している。
このジャズ喫茶での公演は写真の通りこぢんまりした会場で、煙草をくゆらせながら、独り掛けソファーに腰掛け、まるで自分の家でCDでも聴いているような雰囲気で聴けることが一番の魅力。
ビッグバンドでなくこうした小さいコンボでのジャズはやはりこうしたこぢんまりしたところが一番聴きやすい。
演奏はストレートアヘッド系で「歌うテナー」と呼ばれるメロディアスな奏法で人気がある、グラント・スチュアートのテナーは評判通り聴きやすかった。これがテナーサックスと言うようなオーソドックスな音色を聴かせてくれた。
それにしても彼のテナーサックスはメッキがはげ落ちいかにも古ぼけたもの、何でかな?と思っていたが、本当にタイタニック号から引き揚げられたものか、真偽のほどはわからないが本人はそのように説明している。
マイクを通していたせいか?CDなどで聞く音より更にまろやかで太い感じのする音だった。

ドラムスのジミー・コッブがまた良かった。1929年生まれと言うから今年で80歳になるはずだけど、全く歳は感じさせない。
それより年輪の積み重ねから来る洗練されたドラミングに魅了される。くまさんはシェリー・マンのドラムが好きなのだけど、何か共通する粋な感じが感じられた。
ピアノのタルド・ハマーはグラント・スチュアートとセッションを良く組んでいるせいか息もぴったりという感じで、聴きやすい演奏だった。
久しぶりのジャズの生演奏、ステレオの音も良いけど生には敵いませんね。



日曜日12日に焼入れた。最初4時間60度以下で乾燥。
これは順調だった。ヒーター1個フルで温めたが徐々に温度が上がり60度以上に上がらず横ばいに入った。これを見届けてゴルフの打ちっ放しに。帰ってきても60度行くか行かないかの温度だった。OK、OK
その後温度を上げて燻煙を掛ける作業に。予定の温度70度。2個目のヒーターの半分に日を入れたのだがなかなか温度が上がらない。それで2個目のヒーターもフル稼働にしやっと70度達成。外の温度が下がってきているせいかな?と思ったのだけどこれが大間違いだった。
1時間ほどして温度を見に行くとなんと80度を超しているではないか!!慌ててスモーカーの蓋を開け温度を下げたけど後の祭り。
できあがりを試食したけど火が通りすぎてしまっていた。外側がパリパリになってしまっていた。 反省:今回は塩抜き後の乾燥が2日間だったので乾燥時間をもう少し短くても良かったのかも知れない。
この時期は外気温が高いので温度管理は慎重に、抑えめにすべき所を最後の所で急ぎすぎたのかも知れない。いままで80度声という庫内温度はヒーター2個をフル稼働させてもでなかったはずだけど、何故そこまで温度が上がってしまったのか????チョイ疑問もある。

4/10日に塩抜き
このような状態で6時間、途中2回肉をかき混ぜた。塩の抜け具合はチョイしょっぱめだけど丁度良い感じ。これ以上やると味がなくなってしまうところまで抜いてしまいそうなのでここで止めた。塩抜き後の肉は赤身の部分が飴色になって、塩漬け肉です!っていうかんじになっている。
これをタオルでくるみ冷蔵庫に寝かせる。本来は翌11日に焼き入れなのだけど、一晩多く乾燥させ、今回は時間がじっくり取れる 日曜日にすることにした。


環境変化2009年04月28日

昨日 7,621 EX 6,007 4.7 EX 27 EX残り 18.3 EX
その前 1,406 EX 281 0.1 EX 26
その前 2.244 EX 396 0.2 EX 25
その前 4,231 EX 1,096 0.6 EX 24
その前 10,828 EX 7,365 5.6 EX 23
その前 3,423 EX 481 0.3 EX 22
その前 2,825 EX 351 0.2 EX 21

託児所に帰ってくる幼稚園生のバスの時間が変わって早くなってしまった。それに迎えるバスも今月は最大4台。しかも午前中保育とやらで帰りがいやに早い。
そんな訳で今までノルマ消化を稼いでいた昼間のウォークが出来なくなってしまった。時間を失ってみると意外にきつい。新しいタイムスケジュールを作り直さないとノルマ消化が危うい。
特に先週、先々週は影響をもろに受けてしまい惨憺たる結果になってしまっていますな。



さて、映画の話。
先週金曜日封切りの「バーン・アフター・リーディング」
ジョージ・クルーニーとブラッド・ピットの組み合わせだしテレビ予告も面白そうだったので封切り日にママくまさんと映画館直行!でした。

CIAの機密情報を手に入れドタバタすると言うお話(予告)なので、「オーシャンズ」のようにクルーニーとピットがなにやら企んで引っかき回すのかな?と期待いっぱいだったのだが・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
なかなかクルーニーとピット絡まってこない、そして二人が出会う場面で意外な成り行きになってしまい、なんだこりゃ?
そして間なしにエンディング。
ママくまさんと「意外だったね、CIAがおちょくられてるのかな?それとも観てるこっちがおちょくられたのかな?????」
お勧め度は・・・・・・・・・・・・・・???
映画館で封切り日から小さいスクリーンだったので期待度は薄のかな?と変な心配していたけど、なるほどとその面では納得しちゃったくまさんです。

すると・・・・・・・・・・・・・・今度封切られるジュリア・ロバーツの「 デュプリシティ 」もこの類?